air-compact1.jpg


simple is best


消臭・殺菌・捕集のことだけを考えました


3つの能力だけをとことんまで突き詰めました。

それ以外に余計なものはなにひとつありません。


加湿? ありません。

マイナスイオン? ありません。

リモコン? ありません。

液晶パネル? ありません。



今あなたがいる空間を、安全に過ごせる場所にする。ただそれだけです。




空気清浄機に何を求めますか?



air compact UV は


短時間であなたのいる場所を安全な空間に創りかえます。

air-compact2.jpg

air-compact3.jpg

air-compact-UV推奨施設.jpg

 

air-compact-UV設置例.jpg

推奨施設及び現場


オフィス・ホテル・医院・保健所・介護施設・小学校・幼稚園・保育園

ペットショップ・トリミング施設・美容室・ジム・飲食店・バー・クラブ

リフォーム現場の室内・現場事務所・災害復旧現場・避難所・集会所・ゴミ庫等


概 要

 

全国の消防向けに、テロ対策としてかねてより販売しているサリン・VXガス等の処理剤である「ケムクレンズ」

ナノ化技術を応用した特殊フィルターに、HEPAフィルターと殺菌力の高いUVランプと強力モーターを搭載し

細菌やウイルスを破壊するだけでなく、臭気・VOCの分解、花粉、PM2.5等の捕集までできる空気清浄機です。

〔空気取込量は毎秒118リットル〕

 特殊ユーザー様向けから一般ユーザー様向け製品へと改善しました。

 

air compact UV point!

感染症対策として、空気清浄機の設置を検討の際、

適用畳数や風量に加え、菌やウィルスに対する殺菌性能も重要な選定ポイントとなります。

コロナウィルスは、インフルエンザウィルスよりもUVに弱い、とするデータも存在するそうです。

UV殺菌に加え、ナノ分解・捕集機能を備えるエアーコンパクトUVは

感染症対策として効果を求められる場所にお勧めです。

 

withコロナの生活様式にピッタリ!

 

空気清浄機は、各メーカーから発売されていますが、細菌・ウィルスを殺菌できる空気清浄機は限られます。

※殺菌性能を有しているのは、次亜塩素酸・オゾン・UVランプ・光触媒などです。

 air compact UVは、UVランプ搭載の製品となります。

 

〔エアーコンパクトUV 3つの特徴〕

  1. 強力なUVランプにより捕集したウィルスを短時間で99%以上殺菌します。
  2. 鉱物ナノフィルター(特許技術)により、臭気やVOCを脱臭・中和(破壊)
  3. HEPAフィルターで浮遊するミクロの粒子まで99.97%以上を捕集し逃しません。

この3つの特長を備えるのは、エアーコンパクトUVだけ!

現状考え得る、最高レベルのウィルス対策が可能になります。


@UV殺菌ランプ(UV-C|波長254)

最も殺菌力の強いUVランプ照射によりウィルスは短時間で99%以上殺菌されます。

A鉱物ナノフィルター(特許技術カートリッジフィルター)

特許技術の高性能フィルターで臭気・VOCを強力に脱臭・除去します。

化学テロ対策をもとに開発された特許技術により充填された鉱物ナノ粒子が、

活性炭フィルター等では対処できない物質まで破壊(中和)します。

BHEPAフィルター

厚みのある病院グレードのHEPAフィルター搭載。

粒径0.3µmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率です。

C大空間の空気取込

本機に搭載されている強力なモーターは、毎秒118Lの空気を取り込みます。

浮遊ウィルスをパワフルに捕集し、最大1時間でオフィス140uの殺菌空気清浄が可能です。

 

■効果が期待できるウィルスや菌

コロナウィルス、インフルエンザウィルス、タバコモザイクウィルス、細菌感染ウィルス

肝炎ウィルス、アデノウィルス、ボツリヌス菌、溶血連鎖球菌、サルモネラ菌、ジフテリア菌等

 

 

■仕様

外形寸法:390W×390D×540H

質量:約18s

電源:100V(50/60HZ)

消費電力:100W

殺菌方法:強力UVランプ(UV-C|波長254)

消臭方法:フィルター方式

対応畳数:最大97畳/h(天井高2.4b)

取込風量:最大425/h

駆動音:54〜62dB

換気と冷房の両立

 

新型コロナウイルスの感染者数が日々増加している中、新しい生活様式では感染拡大を予防する

様々な対策・取り組みが求められています。3蜜となる場所では、こまめな換気が必要ですので

窓を開けて換気されている方が多いと思います。

 

しかしながら、夏に窓を開けて換気をすると外の暑い空気が入り、エアコンを付けていても室温が

上昇してしまい熱中症リスクも高くなります。

 

一方、ほとんどのエアコンは換気機能を備えていないため、窓を開けなければ十分な換気ができません。

換気と冷房の両立・・新たな課題がおきているようです。

 

新しい生活様式のご参考になれば幸いです。

 

▲このページのトップに戻る