オールグリップハード施工実績

ハード実績1.jpg

オールグリップハードは耐久性に優れているため、駅での段差識別表示に最適です。

JR東日本のターミナル駅などは、1日の乗降客数は30万人以上

従来はシールで段差識別表示をしていましたが、歩行頻度が高い為すぐに磨耗。

何度も貼替えが必要でありランニングコストがかかります。

そのため、JR東日本ではオールグリップハードに変えることで恒久化を目指しました。

黄+黒+黄 これがJR東日本の新しい段差識別の標準仕様になっていきます。

ハード実績2.jpg 

意匠性の高いオールグリップハードは、駅だけでなく、有名な建築物にも採用されています。

耐久性が高いだけでなく、下地の雰囲気に応じたカラーやデザインで施工することができます。

ハード実績3.jpg

1本ラインだけでなく、2本ラインや複合色の組み合わせでの、注意喚起も可能です。

2本ラインにすることで、滑り止めの性能はより効果的になります。

ハード実績4.jpg 

無溶剤の特殊樹脂なので、屋内や店舗での施工も営業を止めることなく施工可能です。

また、曲線やL字型の施工対応も可能です。

ハード実績5.jpg 

階段の段鼻にもともとがある場合、その溝部分にオールグリップハードを注入するだけで

耐久性の高い段差識別対策が簡単にできます。もちろん手すり側には視認施工もできます。

ハード実績6.jpg 

マスキング次第で、ドット状に施工することもできます。

ハード実績7.jpg 

駅でよく見かける段差視認マーク。オールグリップハードで施工することができます。

シールとは比較にならない耐久性です。

ハード実績8.jpg 

下地を選ばないので、金属ステップにも施工ができます。

有名な高速鉄道車両にも採用されています。

ハード実績9.jpg

既存の階段に施工するだけでなく、階段ブロック製造工場にて施工し出荷されています。

階段ブロックに限らず、自社製品に組み込みたい時などにも最適です。

ラージエリアES施工実績

ES実績1.jpg

ラージエリアは透明なので、店舗前の大理石や御影石に施工しても風合いを大きく変えることなく、

滑りやすい床を防滑します。表面を凹凸に仕上げますので雨の日以外でも効果を発揮。

また、イージークリーンテクノロジーにより高い防汚性があります。表面を凹凸に仕上げるので

物理的に汚れはつきやすくなりますが、清掃で簡単に汚れを落とすことができます。

ES実績2.jpg 

子供が多いマンションのエントランスや共用廊下。雨の日に走り回るとかなり危険です。

このような場面でもラージエリアが多く使われています。

ES実績3.jpg 

無溶剤で臭いの無いラージエリアは学校でも多く採用されています。

VOCは一切含んでいないので、シックハウスなどのアレルギーに敏感な子供がいる場所でも

安心して使用することができます。

ES実績4.jpg 

ラージエリアは施工場所によって、グリップ力を変えることもできます。

裸足で歩く場所なのか、靴なのか、雪道なのか。施工場所のニーズに応じた対応が可能。

ES実績5.jpg 

ラージエリアは、大手都市銀行での防滑指定材料にもなっています。

屋内で換気できない様な場所でも、すぐに施工改修ができ、解放できます。

ES実績6.jpg

ラージエリアは様々な下地に施工可能です。

石・タイルだけでなく、Pタイル、ウッドデッキ、再生樹脂、金属、ガラスどほとんどの下地と密着

ES実績7.jpg

ラージエリアの優れた耐久性は一般使用だけでなく、駅のホームや、点字タイルにも使用されています。

ES実績8.jpg

スロープの滑り止めにも最適です。全面施工だけでなく、ストライプにしたり、磨きの部分だけ施工したり

ローラー塗りの材料なので自由度の高い施工が可能です。

ラージエリアES着色タイプ施工実績

ES実績9.jpg

ラージエリアは、透明だけでなく別注色(210色、ロット30kg〜)の製造も可能です。

着色することで、防滑対策だけでなく注意喚起も可能になります。

ES実績10.jpg

滑り止め対策とリフォームを同時にしたい場合は、ラージエリアの着色タイプがおススメです。

屋内外問わず施工でき、紫外線による変色劣化の心配もありません。

ES実績11.jpg

床だけでなく、金属のステップ部分に防滑対策をすることもできますし、

床の塗り替え時期などには、ラージエリアを使用することで、同時に防滑対策も可能になります。

▲このページのトップに戻る