オールグリップハード施工実績

ハード実績1.jpg

オールグリップハードは耐久性に優れているため、駅での段差識別表示に最適です。

JR東日本のターミナル駅などは、1日の乗降客数は30万人以上

従来はシールで段差識別表示をしていましたが、歩行頻度が高い為すぐに磨耗。

何度も貼替えが必要でありランニングコストがかかります。

そのため、JR東日本ではオールグリップハードに変えることで恒久化を目指しました。

黄+黒+黄 これがJR東日本の新しい段差識別の標準仕様になっていきます。

ハード実績2.jpg 

意匠性の高いオールグリップハードは、駅だけでなく、有名な建築物にも採用されています。

耐久性が高いだけでなく、下地の雰囲気に応じたカラーやデザインで施工することができます。

ハード実績3.jpg

1本ラインだけでなく、2本ラインや複合色の組み合わせでの、注意喚起も可能です。

2本ラインにすることで、滑り止めの性能はより効果的になります。

ハード実績4.jpg 

無溶剤の特殊樹脂なので、屋内や店舗での施工も営業を止めることなく施工可能です。

また、曲線やL字型の施工対応も可能です。

ハード実績5.jpg 

階段の段鼻にもともとがある場合、その溝部分にオールグリップハードを注入するだけで

耐久性の高い段差識別対策が簡単にできます。もちろん手すり側には視認施工もできます。

ハード実績6.jpg 

マスキング次第で、ドット状に施工することもできます。

ハード実績7.jpg 

駅でよく見かける段差視認マーク。オールグリップハードで施工することができます。

シールとは比較にならない耐久性です。

ハード実績8.jpg 

下地を選ばないので、金属ステップにも施工ができます。

有名な高速鉄道車両にも採用されています。

ハード実績9.jpg

既存の階段に施工するだけでなく、階段ブロック製造工場にて施工し出荷されています。

階段ブロックに限らず、自社製品に組み込みたい時などにも最適です。

▲このページのトップに戻る